ワーキングプア を考える

ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。
ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。
現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えたいと思います。

ニートとワーキングプア

ワーキングプアとは?

ワーキングプア とは?

ワーキングプア = 就労者

ワーキングプア からの転職

ワーキングプア と生活保護

ニート と ワーキングプア

日本の ワーキングプア

 ワーキングプア の今

ワーキングプア の今

ワーキングプア BACK 1

相互リンク

相互リンクサイト

リンクについて

ニートとワーキングプア

 ここ最近はニートという言葉もよく聞かれます。実際に日本でも大きな社会問題となっています。しかし、ワーキングプアとニートというのはまったく別物だといえるでしょう。ニートについて簡単に解説をしたいと思います。

 ニートとは、
N ( N o t )
E ( E d u c a t i o n )
E ( E m p l o y m e n t , o r)
T ( T r a i n i n g )
という英語の頭文字を略したものです。

ニートは、イギリスの内閣政府の調査により、その存在を広く認知されるようになりました。イギリスにおいて、ニートはかなり深刻な問題、義務教育を16歳で卒業した時点で、すでに5人に1人がニート、という割合とのことです。日常は何をするでもなく、ブラブラしたり、テレビをみたり、また、窃盗やホームレス、ドラッグ中毒といった最悪のケースもあります。

 一方、日本でも、「働くことも、勉強もしない」といったニートが多数存在します。ここがワーキングプアとの大きな違いです。ニートは働きも勉強もしない、若者ですが、ワーキングプアは働いているのです。また、年齢的なものもあります。厚生労働省が定めた日本版・ニートの定義によると、「非労働力人口のうち、年齢15歳〜34歳、通学・家事もしていない者」で、さらに平成16年「労働経済白書(労働経済の分析)」での定義(「年齢15〜34歳、卒業者、未婚であって、家事・通学をしていない者」)に、学籍はあるが,実際は学校に行っていない人、既婚者で家事をしていない人、という項目が追加されています。

これにより日本におけるニートの推定数は約64万人、ということです。

 ワーキングプアは、働いているが賃金の少ない人、ニートはそもそも働く意思も通学の意思もなく、家でブラブラしている人、というわけです。特にニートの場合、年齢層が若年ということですので、本来稼動すべき労働力なのですから、これらは大きな人的損失だといえるでしょう。

ワーキングプア を考えるTOPサイト利用時の注意点

ワーキングプア を考える

ワーキングプア を考える  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17