ワーキングプア を考える

ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。
ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。
現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。
このサイトでは、ワーキングプアについて考えたいと思います。

日本のワーキングプア

ワーキングプアとは?

ワーキングプア とは?

ワーキングプア = 就労者

ワーキングプア からの転職

ワーキングプア と生活保護

ニート と ワーキングプア

日本の ワーキングプア

 ワーキングプア の今

ワーキングプア の今

ワーキングプア BACK 1

相互リンク

相互リンクサイト

リンクについて

ワーキングプアのまとめ

 日本のワーキングプアについて、簡単におさらいをして、結論にはいりましょう。

 平成の大不況で、ほとんどの企業で人件費コストカットのため、パート、アルバイトなどが増加。契約社員、外部委託も増える。熾烈な企業間のサービス争いも手伝い、低賃金、重労働、という体質ができてくる。一方、少子高齢化に伴った治療費、生活費の増大、福祉サービスの低下などが、問題をさらに複雑にしている。加えて、ワーキングプアはワーキングプアを抜け出すための転職、再就職のためのスキルを磨く時間もお金もなく、そのまま年齢を重ねてゆくという悪循環が続いている。

 ざっくりとまとめてみると、おおよそこういった所に落ち着くでしょう。

 これをみると、ワーキングプアがワーキングプアを抜け出すためには、かなりの努力を要することがわかります。まさに、一旦ワーキングプアに陥ると、まさに悪魔のサイクル、あり地獄がまっているといえるでしょう。一旦こうなると、ワーキングプアから這い上がるためにはもう努力しかありません。寝る暇を惜しんでスキルを身につけ、勤勉に働き、新しい就職口を探す、あるいは住み込みの仕事を探し、住宅費を浮かして、節約し、お金をため、新しい投資を始めるかビジネスを起こす、お金がたまったら新しいスキルを身につけるために、今の仕事を辞めるというのも良いでしょう。とはいえ、それが簡単にできれば苦労しません。そういった所に、この問題の根深さとジレンマがあるといえるでしょう。

ワーキングプア を考えるTOPサイト利用時の注意点

ワーキングプア を考える

ワーキングプア を考える  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17